治療の種類と流れ

手技治療

機械を使わず、手のみで、筋肉の緊張やこりをほぐすことで、神経や血管のつまりを流し、血液やリンパ液の循環を促進します。
慢性の痛みの緩和や血流の改善・関節の機能回復など、さまざまな効果が期待できます。

アクチベーター治療

アクチベーターで関節に直接アプローチして、骨格のずれを矯正します。
治療時に痛みを伴わないのも特徴です。

固定・テーピング

ギプス

骨折時には、痛みのコントロールをし、固定するためにも、最初にきっちりギプスを巻くことが必要です。またギプスを巻いていることで固くなった関節のリハビリにも力を入れています。

包帯固定

骨折や脱臼、捻挫など外傷時には患部を固定し、損傷した軟部組織を圧迫することによって回復を促進します。
固定の仕方で痛みのコントロールや治癒に至る時間が変わってきます。

キネシオロジーテープ(KTテープ)によるテーピング

テーピングは、素材によって効果に差があるといわれています。
キネシオロジーテープは、筋肉と同様に伸縮し、固定しなくても、関節や筋肉、靱帯、腱の機能を強力にサポートする効果があります。
トップアスリートの多くが利用していることでも知られています。
テープのカラーが10色あることも、人気の理由の一つかもしれません。

電気治療法

低周波治療

神経が痛みを脳に伝える間に電気刺激を与えることで、痛みをシャットアウトします。患部の筋肉を柔らかくしたり、血流を促進したりすることで、痛みの原因となる発痛物質も流し出せます。
ピリピリした弱い刺激を感じます。

効果が見込める症状
肩こり
筋肉痛
神経痛
疲労回復 等

干渉波治療

異なる種類の電流を同時に流すと、電流と電流が干渉し合い、新しい刺激を生み出します。より深部まで到達し、筋肉に刺激を与える治療法です。
刺激を受けた筋肉は収縮を繰り返し、血行をよくします。柔らかなマッサージを受けているような感覚です。

効果が見込める症状
肩こり
腰痛
神経痛
運動不足解消 等

超音波治療

音波は深部に直接アプローチすることで、炎症・腫れ・痛みなどを改善する効果が期待できます。
また、温熱作用が血流を促進、患部の治癒力をより高めます。

効果が見込める症状
骨折
打撲
ねんざ
打撲
疲労回復 等

EMS(イーエムエス)

筋肉に直接電気刺激を与えることで、実際にトレーニングしているのと同じ効果を与えます。

コンビ治療

患者様の症状に合わせて、それぞれの波(電流)を組み合わせることで、より高い効果の治療が期待できます。
超音波×低周波:超音波で患部を温め、低周波で痛みを緩和します。

マイクロカレント療法(微弱電流療法)

マイクロカレント療法は、私たち人間の細胞が損傷したときに流れる損傷電流にごく近い電流を流すことで、疲労して損傷した筋肉や細胞を、活性化、修復します。
疲労回復
にも高い効果を発揮します。
電気治療特有のピリピリした痛みもほとんど感じません。

効果が見込める症状
骨折
打撲
ねんざ
打撲
疲労回復 等

ラジオスティーム治療

ソチオリンピックに導入されたことで注目を集めた高周波温熱治療器。
高周波(フィジオラジオスティム)は、短時間で身体の内側から体温を上昇させることが可能です。
身体に蓄積された疲労物質は、身体を温めることで吸収しやすくなります。
疲労物質がなくなると、手技の際にも直接筋肉にコンタクトしやすくなりますし、少ない力で手技を行えるため、もみ返しなどの患者様への負荷も抑えることができます。
また体温が上昇することで、回復能力も上がります。

 
 
ラジオスティーム8つの効果
1)血管の拡張により血液の循環を高める
2)血液中の酸素や栄養素の供給を促し、効率のよい有酸素運動を実現
3)リンパ液の分泌を部分的に増加させ、浮腫(むくみ)を改善、セルライトを予防
4)活性酸素の排除
5)疼痛の緩和
6)基礎代謝を促進(体温が1度上昇すると代謝は12%アップする)
7)自律神経・ホルモンバランスの乱れを改善、太りにくい体質を作る
8)免疫力の向上
ヒートハンド

器具を直接肌に付けず、施術者(私)の手を伝って、高周波を流すことができます。経験による私の感覚を基に手技を行い、ピンポイントで高周波を流します。

治療後の好転反応

好転反応とは

身体のどこかに不調があると、脳はその状態が正常だと記憶します。
好転反応は、治療後正常になった状態を脳が正常ではないと認識し身体の一部、または全部に痛みやだるさ、眠気や落ちつかなさを感じる反応をいいます。

当院では、身体の歪みをとり、正しい姿勢になるように治療しています。
そのため、使っていた筋肉は使わなくなったり、使えていなかった筋肉は使うようになったりと、身体の状態が変わるため、痛みやだるさなどを感じてしまうことがあります。
初診時や症状が強く出てしまう方も、治療を続けることにより、好転反応は現象、症状が改善されます。

当院は患者様お一人おひとりに合わせて、最適な治療を行っておりますので、どうぞご安心ください。
ご心配なことがありましたら、いつでもご相談ください。

治療の流れ

【01】保険証をご持参のうえ、ご来院ください。受付にて問診票をご記入ください。

↓

【02】問診票を基に、院長がお話を伺います。また患部を動かしていただいたり、院長が触ったりしながら、その状態や原因を究明します。

↓

【03】院長がみたてた症状と考えられる原因、治療方法、ゴールなどの治療方針を提示します。疑問や不安なことがありましたら、納得されるまでお尋ねください。

↓

【04】手技や最新の機械を使って、患者様お一人おひとりに合った治療を行います。日常の生活で注意しなくてはならないこともお伝えします。

↓

【05】治療費をお支払いください。お渡しする診察券は、次の診察の際に必ずお持ちください。