2015.08.20更新

まだまだ暑いですね…

今日は甲子園の決勝ですね!

ますます暑いです(^^;; こんな暑い時には、涼しい景色を観たいですよね?

 

こちらは、いただいたお盆休みでみてきた滝です。

taki

 

こんなに山奥なんですよgan

やま

 

田舎に帰って、さらに田舎に行ってきました。

滝は「大轟の滝」です。

海より、川の方が涼しく感じますね~

 

 

 

 

さて、腰痛整形外科、接骨院・整骨院に来院する方は、後を絶ちません…。

今日は、腰痛の運動療法がテーマです。

 

 

○運動療法の目的

腰痛の運動療法は体幹の安定性向上と、正しい姿勢の獲得を目的としています

 

○体幹を安定させるための、体幹筋の鍛え方をご紹介します

 体幹の安定性を高めるためには深部筋(コアマッスル)が重要です。

ここでは、自宅でも簡単に行える方法を紹介します。

 

 

①ドローイン

膝を立てて仰向けに寝て、“こしぼね(上前腸骨棘)”のやや内側に指をあて、おヘソを床に近づけるようにお腹を引き込みます。

その時、指をあてた部位の筋肉(腹横筋)が硬くなっていることを確認します。

この体操を1回10秒程度で3~6セット行います。

 

普段から、腹式呼吸をすることがない方は、初めはきついかもしれません(´д`ι)

 

②下向きブリッジ(上肢挙上)

手と膝をついて四つん這いになります。

このとき背中が反らないように、おヘソを軽く引き込んで下さい。次に片方の手を挙上します。このとき挙上した側の腹筋(腹横筋)が働きます。

この姿勢を1回片側10秒程度で3~6セット行います。

 

この姿勢で体がぐらつかず、楽に10秒間保てるようなら次↓に進みます。

 

 

③下向きブリッジ(上下肢挙上)

挙上した手と反対側の足を挙上します。このとき挙上した足側の背筋(多裂筋)も働きます。

この姿勢保持訓練を、慣れない方は1回片側10秒を3~6セット行い、慣れてきたら1回片側30秒を2セット行います。

 

 

 これらの腰痛運動療法は、スポーツを日頃から行っていない方には、なかなか難しいかもしれません。自分に合った方法を、整形外科接骨院の先生にきいて行うことをおススメします。

 

 

 

 ↓こちらも一緒に読んでみて下さい↓

腰痛の治療

 

 

--------
埼玉県 所沢市 菜のはな整骨院

‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・むち打ち・スポーツ外傷・交通事故‐労働災害
‐骨盤、体の歪み・猫背矯正・マッサージ・腰痛・肩こり・冷え・坐骨神経痛・リハビリ

 女性特有のお悩み、ラジオ波温熱治療リンパマッサージ・ウエイトコントロール・むくみ
 土曜日の診療もしています
 ・所沢市(・所沢・小手指・西所沢・航空公園・新所沢)・狭山市・入曽・入間市の方も、お気軽にご相談下さい
健康保険使えます! 姿勢矯正や交通事故治療ご相談下さい!
〒359-1111 埼玉県所沢市緑町3-12-14
Tell/fax: 04-2935-4640
mail: nanohana261111@yahoo.co.jp
URL: http://www.nanohana-seikotsuin.com/

--------- 

 菜のはな整骨院ではLINEのお友達を募集しています!

友だち追加数

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者: 菜のはな整骨院